SSブログ

歴史を知らない日本人(238) 如何にして戦うか(183) 建国(107) 人工地震(35) アベノミクス(11)  稲作と梅干 [尖閣諸島と歴史]

アベノミクスのことを書こうとしましたが、経済や世界の流れを知らない私には、普通に考えたのでは訳が解らないことばかりです。
 世界全体が良くなることなどあるのでしょうか。私が、ここ15年ほど、歴史をかじった所では、少なくとも、日本は戦ばかりです。世界もきっとそうだと思います。
 この戦いでは、必ず、得をする人と損をする人に分かれます。

 アベノミクスを進めると、良いことばかりで、三本の矢を射ますと、10年後に、一人当たり、1500000円収入が増えるそうです。そりゃ当たり前でしょう。毎年、2兆円ずつ、お金を印刷しますと、全体のお金が20兆円になります。20兆円という事は、20000000000000円ですか、これを100000000人で割りますと、20万円、あれ、私は200万円と思ったのですが、間違っていましたか。
 という事は、世界から、130万円を取ってきませんと間に合いませんね。
 130万円を持っていかれた人は、気がつけば怒るでしょうね。

こんな調子ですから、アベノミクスのことは良く判らないのですが、お金を印刷するだけで、トヨタは、6ヶ月で1兆8000億円儲かりました。
トヨタ、今期営業益1兆8000億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000550-san-bus_all 

円は1ドル 80円だったのが、100円です。という事は、私の持っているお金は、以前にアメリカの製品を80円だせば買えたものが、今は、100円出さなければ買えないという事です。アメリカの物を買わないで、そっと、タンスにしまっておけば、お金は円安になろうがなるまいが、関係ありません。
 10年後に、80円の円高になれば、元の値打ちです。しかし、その間には、関西電力は、電気代の値上げを言ってくるでしょうね。政府も消費税の値上げを言ってくるでしょうね。
 これから10年の間は、財産は2割減ったことになります。
でも、新聞、テレビの報道では、これから日本は、バラ色らしいですね。

 こんなバカ話に気が付いた他の国の人は怒るでしょう。

私は、国民の注意をそらすための作戦ではないかと思うのですが、そのような事は、無いと政府もメディアも自信満々です。

 そこで、ジワリじわり、日本に起りつつあることを書こうと、「稲作と梅干」のタイトルにしましたが、長くなりましたので、次回にします。

入梅してから、雨が一向に降りません。気温が低いです。詳しいことは知らないのですが、田の水を少し増やしませんと、稲は育たないのではないでしょうか。そのための水が不足です。大阪では、3.5mmの雨量があったような記憶があります。
 入梅宣言を間違われたのではないでしょうか。農家の方は、気象庁の入梅宣言と関係なしに、田植えをされたのでしょうか。

 電磁波によって、気候をコントロールされているのであれば、お手上げです。
気象庁はもう一度、分析をし直して、農家に適確な情報を流す必要があります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます