So-net無料ブログ作成

深浦神社 [日本の歴史]

米子市大字大工町字深浦鎮座

  祭神 素戔嗚尊、伊弉冊尊、迦具土神

  由緒 創立年代不詳、往古より祇園三社
     天王と称えしが、明治元年神社改
     正の際最寄産神となり、同五年郷
     社勝田神社の摂社に定められ、深
     浦神社の摂社にさだめられ、深浦
     神社と改称せらる、大正四年十一
     月米子市大工町鎮座無挌社愛宕神
     社(祭神伊弉諾尊、加具土神)を合
     併す。

  例祭日 七月十五日

  建造物 本殿、幣殿、拝殿

  境内坪数 二百六十五坪

  崇敬者戸数 三百二十戸
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。