So-net無料ブログ作成

村社 広田神社 [日本の歴史]

米子市大字西大谷字西ノ宮

 祭神 天照大御神、蛭子神、事代主神

 由緒 創立年代不詳、往古より広田大明神
    と称せしを明治元年神社改正の際広
    田神社と改めらる、昭和三年三月二
    十八日新鮮幣帛料供進神社に指定せ
    らる。

 例祭日 十月十日

 建造物 本殿、拝殿

 境内坪数 百二十二坪

 崇敬者戸数 百八十戸


<私からのコメント>
この記事は、おかしいですね。
 広田神社に改められたのが、明治元年なのに、
 昭和三年に新鮮幣帛料供進神社に指定とかい
 てあります。
 田村誠一氏が、このことを知られたのは、昭和
 三年に近い頃だったのではないでしょうか。

 沢山の資料を書いてきましたが、この資料は、
 どこかにあったものを転写されたのではなくて、
 全部、実際に、神社を訪れて、神社の方から、
 聞かれたのではないかと考えます。

 鳥取県の神社をすべて、歩かれたとどうして、
 思うかと云いますと、蒜山高原の山に登って
 居られます。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。