So-net無料ブログ作成

村社 八重神社 [日本の歴史]

東伯郡上中山村大字八重字寺屋敷 鎮座

 祭神  誉田別尊

 由緒  創立年月不詳、往古八幡宮と称し
     
     山城國男山八幡宮を勧請し氏神と

     称して崇敬厚く、境内隣接地に洞
   
     禅寺と称する寺院ありて、神社の
 
     所有たりし山林も何時しか皆此寺
 
     有地となり、現今は確かに社殿の

     存する地面のみを境内とせり、明

     治元年十月八重社と改称し、同四

     年村社に列し、八重神社と称し後

     郷社束積神社(現今中山神社と改称
 
     す) の摂社となり、無格社とせら

     れたるを同三十二年一月社格復旧

     を請願し同年四社村社に昇格せら

     れたり、昭和三年十月十七日新鮮

     幣帛料供進神社に指定せらる。

 例祭日  十月十五日

 建造物  本殿、幣殿、拝殿、随神門、参籠殿

 境内坪数  百八十五坪

 氏子戸数  五十五戸
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。