So-net無料ブログ作成

村社 長瀬神社 [日本の歴史]

東伯郡長瀬村大字長瀬字宮ノ前鎮座
 
 祭神 天児屋根尊、天太玉尊、天鈿女尊、

須佐之男尊

 由緒 当社の創立は後花園天皇宝徳元年十月
村人伊勢国外宮西相殿の神、天乃児屋根命天乃
太玉命二柱の 御分霊並に近江国高島郡水尾右殿の
神、天乃鈿女神の御分霊を勧請し、長瀬開郷の創め
天神川流龍礫堤に奉斎同郷の産土神と崇敬し来りし
が、後現今の地に移転す、宝徳年号の頭字に因める
にか一寳天王又は一寳大明神と称せしが、明治五年
二月社に列せられ長瀬神社と改称、大正十二年三月
九日本村大字久留字屋敷鎮座村社久留神社(祭神天児
屋根命)本村大字長瀬字天王鎮座村社水下神社 (祭神
素戔嗚命)を合併す、大正十一年十月本殿、幣殿、拝
殿を新築し 旧社殿は権殿に、旧拝殿は改築の上神
  興伝及び社務所に充当す

<社務所に充当す>以下はカットされていましたが、
以下の様に修復できました。

大正十二年一月四日新鮮幣帛料
供進神社に指定せらる。


例祭日 十月十九日

建造物  本殿、幣殿、拝殿、權殿、神輿殿及び社務所、
      随神門

境内坪数 二百八十七坪

氏子戸数 三百五十七戸
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。