So-net無料ブログ作成

これからの日本(451)歴史を知らない日本人(678)どう戦うか(656) [日本の道]

台風19号の被害は大丈夫でしたか。前回は、私の家(大阪)は、台風が通過中ですと書きました。
 「これまでに無い、巨大な台風です」と何度も、テレビでは報道していました。新聞ですと、それ程恐ろしくありませんが、テレビですと、昔の映像も混ぜて報道するものですから、恐ろしく感じます。

 台風は、大阪をまともに通過したようですが、風はそれほどでもなく、雨も以前に三回降った豪雨より少ない量でした。
 台風19号が発生して、すぐに、「これまでに無い、巨大な台風です」と発表されましたが、私は直ぐに、台風は来ないと宣言していました。来ても、それ程強い台風ではないと。 
 どうしてかと云いますと、台風18号に続いて、電磁波に依るものだと思ったからです。

 豪雨は、日置という地名の近くに来るのだと書きました。でも、絶対では有りません。これまでに、3つ当りました。
 日置の外にも有ります。高皇産霊尊を祀って居られ町には、豪雨が多いのではと考えます。  ここ2~3年の経験から推理しますと、 舞鶴、綾部、福知山、能勢、池田、箕面と綾部街道、能勢街道にそって、豪雨となりました。 
 この外にも、全国で、豪雨があったところは、一杯でした。この中に、高皇産霊尊を祀っていた所はあったのではと思っています。

 台風は、全部自然災害と思って諦めておられますが、もう一度見直して見る必要は有ると思います。

今度は噴火のお話です。
  
①御嶽山の噴火—2~3日前に、煙が出ていた。 異様な臭いがしていた。と云う様な、山の家の経営者のコメントが、インターネットに出ていた様に思います。
気象庁の人は、御嶽山には、誰も行っておられません。この話は、小さなことですが、重要です。

続いてあった報道は、次のものです。
② 蔵王山で火山性微動、「御釜」の湖面で白濁確認

仙台管区気象台は9日、宮城・山形両県にまたがる蔵王山で同日午前5時5分頃、やや小さな火山性微動が発生したと発表した。 同気象台によると、山形大による8日の調査で、火口湖の「御釜(おかま)」の湖面に白濁が確認されたという。同気象台は「現時点で、それ以上の異常は認められていない」としている。 蔵王山では昨年1月、火山性微動が2010年9月の観測開始以来初めて確認された。今年9月30日以降も火山性地震や微動が相次いでおり、同気象台は、9日の微動もこの活動の一環とみている。 蔵王山は1940年の小規模噴火を最後に噴火していないが、同気象台は警戒を呼びかけている。

この発表の文章を分析しますと、気象庁は知っているのは、
山形大による8日の調査で、火口湖の「御釜(おかま)」の湖面に白濁が確認されたという

ということは、山形大学の人は、本当に調査をされたのでしょうか。現場に行かれたのでしょうか。誰かが、行って、白濁している写真を撮って、大学の人に見せたのでしょうか。
 
 調査したと云うからには、白濁している水を採取して、どうして、白濁しているか分析されたのでしょうか。
御嶽山の時は、何度も地震が起こっていたのに、噴火するとは判断しなかったのに、今回は、「小さな火山性微動が発生した」と発表して、同気象台は警戒を呼びかけている。
との記事で終わっています。
 ということは、噴火の恐れがあると云うことでしょうか。


御嶽山の噴火は、水蒸気爆発による噴火と報道されました。 どうして、水蒸気が大量に発生したかといいますと、マグマに温められたと報道されましたが、マグマは、いつでも熱いものだとしますと、マグマが、どんどん地表に向かって出てきたか、地中の水分が多かったことになります。

 では、私が原因だと書いている電磁波は、地中の水分を温める力が有るのでしょうか。
そんな難しい話は、私には判りません。しかし、次のように考えますと、説明は着きます。

 電子レンジは、電磁波兵器を応用されたと云われています。電子レンジは、対象物の中にある水分に振動を与えて、その時に発生する熱で暖まることになっています。
 電子レンジに、食べ物を入れた時、表面や一緒に入れた食器はあたたまらなくて、中から、温められることになっています。お肉ですと、お肉の細胞の中から、煮えることになります。

 これは、電磁波兵器を応用したものだと云いますから、地球に電磁波を照射すれば、土の中の水分は、沸騰することになります。水蒸気は、100度で沸騰して水蒸気になりますから、簡単に、御嶽山を水蒸気爆発させることは可能です。
海ですと、海は、100%水ですから、電磁波を照射しますと、水温は上昇します。上昇した水分は、どんどん空に上がっていきますから、温度が低いところでは、雲になって、見えることになります。この雲は、どんどん上がっていきますが、何れはどこかで冷されて、下に落ちることになります。
 その時の形は、霧、雹、雪、みぞれ、雨 でしょうか。

 電磁波で台風を起こすことは可能でしょうか。 この辺になりますと、知識が足りません。 しかし、起こった台風を大きくしたり、豪雨にすることは可能だと思います。 ここ数年、雷雨、竜巻が沢山発生しましたが、これも電磁波でやられたのではと思いますが、なぜ、竜巻を起こすかの説明ができません。

だから、台風19号が、電磁波によるものであったと断定はできません。 この点が、電磁波を起こしている人にとれば、嬉しいことです。

今日は、気象庁の 蔵王山の発表の仕方がおかしいと思ったことを書きました。

 おかしくないのであれば、それで良いのですが、もし、電磁波の所為で、台風19号が発生しているのであれば、今後、何時までも続くことになります

 電磁波が、照射されている時間と範囲が判らないのですが、その場所に人が居りますと、電磁波で、人の細胞は、沸騰はしませんが、特に、脳細胞はダメージを受けると思います。
 電磁波で豪雨が起こっていることが判っているのであれば、その前に、外出しなければ、豪雨には遭いますが、脳は遣られなくて済みます。
 この範囲に住まれる方は、脳の病気になると思います。 

気象庁の発表を信じて、お休みにした鉄道・百貨店は、大損をしました。 それでも、良いと思われる方は良いのですが、知っている人だけが、得をする話はケシカラと思います。

皆さんのまわりに、高皇産霊尊を祀る神社は有りませんか。有れば、気象庁やメディアの報道にプラスして、判断材料にされたらと思います。

トラックバック(0) 

これからの日本(449)歴史を知らない日本人(676)どう戦うか(654) [日本の道]

 前回、「日置」は天皇と関係があることを書きますと書きましたが、関係あるどころか、、日置自体の正体が判りません。

 文献では、
 和名抄に記載された伊勢国一志郡日置郷。
 大和国葛上郡(今の広陵町を含む一帯)に日置郷が、
 和泉国大鳥郡(今の鳳町を含む一帯)には日部郷あり、堺市に日置荘ありました。
 があります。

他の文献では、
『出雲国風土記』の神門郡の条りに
  日置の郷 郡家こほりのみやけの正東四里なり。志紀嶋の宮に御宇あめのしたしろしめしし天皇の御世、日置の伴部等ともべら、遣つかはされ来て、宿停とどまりて、政為まつりごとなせし所なり。故、日置といふ。 意味は、「出雲の国の神門(かむど)郡に日置の郷(さと)というところがあって、これは郡の役所から真東へ四里のところにある。この地を、なぜ日置の郷と呼ぶかというと、昔、欽明天皇の御代に、日置という一団が派遣されてきて、しばらく、この地に駐留して「まつりごと」を行なった。そこで、この地を日置の郷と呼ぶようになったのである」

  『日本古典文学大系』の頭注によれば、この日置の郷は、島根県出雲市上塩冶町付近の地、神戸川の北岸地域とある。
 又、9世紀はじめに存在した日置(和名抄より)地名は、
鹿児島県川内市 熊本県玉名郡 山口県大津郡 山口県佐波郡 鳥取県気高郡
兵庫県多紀郡 兵庫県城崎郡 京都府与謝郡 石川県珠洲市 新潟県東蒲原郡
新潟県中蒲原郡 新潟県南蒲原郡 愛知県海部郡 千葉県安房郡

以上のところに見られます。

 
郷ではありませんでしたが、地名として、古い時代にはあり、現在もそのまま残っていると思われるところが、現在も日置という地名で各地にみられます。

読み    府県名   経度       緯度       地図名
1 ひおき  富山   137度17分  36度39分   五百石
2 ひおき  富山   137度17分  36度40分    上市
3 ひおき  愛知   136度53分  34度39分    熱田町
4 ひおき   三重   136度26分  34度39分    大仰
5 ひおき   京都   135度13分 35度36分    日置
6 ひおき  京都   135度32分 35度05分    殿田
7 ひおき  兵庫   134度46分   35度27分    江原
8 ひおき  兵庫    135度17分   35度03分    福住
9 ひおき  鳥取   134度01度   35度59分    鳥取
10 ひおき  熊本    130度43分  32度31分    来氏
11 ひおき  熊本    130度37分  32度31分    八代
12 ひおき  宮崎    131度30分  32度04分    日向日置
13 ひおき  宮崎    131度30分  32度05分    高鍋
14 ひおき  鹿児島   130度21分  31度34分    伊作
15 ひおき  鹿児島   130度21分  31度35分    長里
16 ひおき  鹿児島   130度22分  31度35分    伊集院
17 ひき  愛知   136度42分 31度34分    名古屋
18 ひき  和歌山  135度26分   31度35分     紀伊日置
19 ひき  和歌山  135度27分   31度35分    紀伊日置
20 ひよぎ  岡山  133度33分  34度37分   矢掛
21 へき  福井  135度30分   35度27分    高浜
22 へき  愛知  136度44分   35度09分    弥高
23 へき  京都  134度58分   35度19分    矢名瀬
24 へき  山口    131度04分   34度21分    山口
25 へき  熊本  130度38分   32度31分    八代
26 へき  熊本  130度42分   32度58分   熊本
27 へき 宮崎   131度30分   32度04分   高鍋
28    宮津市    135度16分   35度04分
29    篠山市  135度13分   35度36分
上の一覧表は見難いですので、<こちら>をご覧ください。

『出雲国風土記』に日置の郷(さと)には日置という一団が派遣されてきて・・・
と記されていますから、この部分は正しいことになります。 中央から、派遣されたと有りますが、どの様な仕事をしていたかは書いてありません。その集団が、100人ぐらいであれば、「村」位でしょうが、その後、長い年月が過ぎると、日置郷と呼ばれる程に、大きい集団になったことが判ります。
 もっとも、『出雲国風土記』に記されていると云うことは、713年以降に記された事になります。
 それだけではなくて、風土記で完全に残っているのは、『出雲国風土記』だけですので、この記事が正しいかどうかは断定できません。
 このように調べますと、少しずつ判るのですが、なにも見えてこないのが、日置の特徴です。

トラックバック(0) 

これからの日本(448)歴史を知らない日本人(675)どう戦うか(653) [日本の道]

このブログのタイトルには、以前は、<認知症>が付いていましたが、止めました。
中国と韓国を相手の戦争は避けられそうにありませんから、一年に使う、医療費37兆円のうち、10兆円程減らして、その分、攻められたときの為に、準備をしようと、次々書いています。
 48回前に何を書いているかと思い、<これからの日本(400)>をキーワードにして検索しましたら、

これからの日本(400)歴史を知らない日本人(627)どう戦うか(605) 認知症(73) [日本の道] [編集]

 が出ました。 中国と戦うために、どのように戦うかを考えて、605回になることが判ります。タイトルの認知症を減らす為に、この時までに、73回書いていることが判ります。

 減るどころか、37兆円だった医療費が、39兆円になったことが、今日、報道されています。

「国民医療費」、6年連続で過去最高更新--1人当たり30.7万円、総額39.2兆円http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e3%80%8c%e5%9b%bd%e6%b0%91%e5%8c%bb%e7%99%82%e8%b2%bb%e3%80%8d%e3%80%816%e5%b9%b4%e9%80%a3%e7%b6%9a%e3%81%a7%e9%81%8e%e5%8e%bb%e6%9c%80%e9%ab%98%e6%9b%b4%e6%96%b0-1%e4%ba%ba%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a307%e4%b8%87%e5%86%86%e3%80%81%e7%b7%8f%e9%a1%8d392%e5%85%86%e5%86%86/ar-BB8ekrJ
年令別の負担率は、65歳以上は22兆860億円(同56.3%)となった。


どうして、認知症になるのか、考えられることは、全て書いたつもりですが、最後に残ったのは、電磁波で無いかと云うことになりました。
 認知症の数は、癌や心臓病を抜いて増える一方です。

 電磁波、私達の実の周りに溢れています。その代表は、電子レンジですが、いくら害が有ると云っても、今更、使用を止める人は無いでしょう。
 最近電車に載る様になり判ったことは、私の前に座っている人は、半分以上の人は、スマホを使っています。それも、頭のすぐ近くですから、脳には影響はあるでしょうが、そんなことをいうのは、私だけでしょう。
 このような電磁波ではなくて、もっと、強力な電磁波を照射し続けて、日本を攻撃している人がいるのではないかと考えています。
 こんな話を信じるより、私の頭がどうかしていると言った方、正しいかもしれません。

 電磁波攻撃をする相手がだれか判りませんので、止めてくださいという訳にはいきません。そこで、せめて、認知症は、仕方が無いとしても、豪雨や地震で殺されたり、電磁波を浴びる量を減らすことは考えても良いと思います。

電磁波を防ぐ防具は、インターネットに掲載されています。攻撃を受ける可能性のある所は、ご自分で考えてください。

 では、日置というところが、どうして、攻撃されやすいかという理由です。

「日置」をキーワードにして、検索しますと、日本に一杯あることは分ります。この地名が気になってから、20年はなります。
 いろいろ調べましたが、日置という地名がどうしてできたか、どの様な土地なのか、なにも分りません。
 日置郷、日置里、日置荘という言葉、地名は残っています。日置というお名前の方も居られます。日置流という弓道の流儀もあることは分ります。

 このように何も判らないのに、どうして、「日置」という名前の所に豪雨が起こったと思ったかを書きます。

昨年、9月15~16日に、舞鶴と丹後に行きました。
幾つかの神社を巡った後、宮津市の奈具神社へ行きました。
 http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/nagujij.html

 正確にいいますと、豪雨のため、行くことは出来ませんでした。 由良駅の近くの神社へ行った時は、小雨でしたが、其の後、豪雨となり、運転が危険な状態でした。昼時でしたので、食事をする所をもとめて、走っていましたら、岬の高い所にレストランがあり、食事・休憩すること2時間。少し雨がマシになりましたので、出発しましたが、奈具神社は山の中腹ですし、入り口の道路が、狭まそうなので、諦めました。
 
 夜の間、舞鶴が豪雨であったまかどうか判りませんが、朝の食堂のガラスには、海の波が掛かるほどでした。台風が、通過するとの認識は無かったと思います。が、台風並みでした。

 雨は小振りでしたので、いくつかの神社を回り、3時頃に帰宅しようとカーナビを入れますと、高速まで案内してくれましたが、警察の車がいっぱい出ていて、そちらへ云っては駄目だと誘導していましたが、無理矢理、高速の入口まで行きましたら、閉鎖されていました。其の後、知っている地名を入力して、走りますと、どの道も、浸水していて、通行出来ませんでした。
 地元の方にお聞きしますと、きっと、福知山は通ることは出来ないだろうから、京都にでて、国道1号線で大阪へ行くしかないだろうとのことでした。
 これで舞鶴、福知山 一帯が豪雨で有ることが判りました。 

この後に、次々と豪雨が連続して有りました。
随分後になってからですが、豪雨のあった所では、高御産巣日神を祀る神社があることが判りました。
 高御産巣日神を祀る人がおられるから気に入らないのであれば、舞鶴と福知山は関係なしに、豪雨になったことになります。調べ直しましたが、舞鶴と福知山には高御産巣日神を祀る神社はありません。

 これでは、御産巣日神の神が祀られているから、豪雨になるという考えは間違っていることになります。 
 広島県の安佐地区の周り神社をどんどん調べて行きますと、安佐地区は、古くからあることが、存在する神社から推察出来ることになります。

 どうやら、電磁波で、豪雨を起こそうとしてい人達は、天皇に関係有るところは、全て攻撃する積りではないかと思う様になりました。

 となりますと、宮津にも福知山にも、日置地名があります。宮津には、籠神社もあります。
籠神社は、天皇には関係がありませんが、天照大御神の長男である天火明命が祭神です。
天火明命は天皇とは関係がありますが、古事記では、皇位は次男の日子番能瓊瓊芸命が、継いで居ます。
 
次回には、どうして日置が天皇と関係があるのかを記します。

トラックバック(0) 

これからの日本(447)歴史を知らない日本人(674)どう戦うか(652) [日本の道]

東北沖地震、阪神大震災、新潟地震は、電磁波によっておこされたという噂があります。
 私は、阪神大震災は、そうだろうと考えています。
 
 ここ数年続いている異常気象の原因は、地球温暖化の所為と云われていますが、それだけでは、説明出来ないでしょう。
 一番最近に、書いた阪神大震災の事は、
これからの日本(434)歴史を知らない日本人(661)どう戦うか(639) [日本の道] [編集]
において、猪名川町の群発地震の事に付いて書きました。
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2014-09-26

 京都大学の先生は、群発地震は関係ないと云っておられますが、地元に住んでいるものは、そんないい加減な話を信用して、命を失うわけにはいきません。

 私は、阪神大震災よりもっと、ひどい地震が必ず起こると信じています。もし、そうであったら、近所では一番古い家に住んでいますから、我が家は駄目でしょう。まさか、100%の人が死ぬわけではないでしょう。私は生き残る方にはいろうかと考えています。

 それでは、本題に入ります。
 誰も書いて居られませんが、次に地震や豪雨がおこるのは、「日置」と呼ばれている狭い地域ではないかと思っています。

 東北沖地震は、40年前に計画され、そうなることは、小松左京氏によって、『日本沈没』という小説で発表されて、多くの日本人や韓国人が、映画でも楽しんだとされています。
 その小説には、地震と津波が起こる日が書いてあるそうです。確かめるために、古書を買ってきましたが、まだ読んでいません。
 このように長い年月をかけて、日本人をいびり殺そうとしていると、泉パウロ氏は警告されています。

 嫌な事ばかりを書いた泉パウロ氏の著書は、信じたくありませんが、阪神大震災は又起こるのは確実だろうと考えています。
 
 地震を起こそうとしている連中は、起こるまで、起こすぞ、おこすぞとメッセージを発信しつづけて、成功させるところに喜びを感じていますから、その発信は、素直に受け取れば良いと思っています。
 その一つが、先に書きました日置という地区だけに、災害がおこるという話です。

これまでに、起こった「日置」は、京都府宮津市の日置と京都府福知山市の日置と鹿児島県の日置です。

 どれぐらいの範囲で、おこったかは、素人の私では無理でしょう。
しかし、気象庁の人であれば、記録は残っている筈です。

私の頭の中で、考えた事は、広島の次は、鹿児島県。その次は、福岡県でした。
鹿児島県は日置があるからです。 考えて数日のうちに、全国に報道される規模の桜島の噴火がありました。 実際は 全国に報道するほどの規模ではありませんでしたが、報道されました。
 福岡県には理由は色々ありますが、一番は、高木神社がいっぱい有るからです。

高木神社はどのような
神社かは、次の所に書いています。
阿須々伎神社に付いて考察(7)  高木神社
http://blog.goo.ne.jp/skeikas/e/51a051c56eeb01ba98f8ef1de1b562cd

 次回は、「日置」がどうして危ないかを書いてみます。

トラックバック(0) 

これからの日本(446)歴史を知らない日本人(673)どう戦うか(651) [日本の道]

台風19号は、又もや、週末にやってくることが判っています。こうも連続して週末に豪雨がやってきますと、行楽地は商売になりません。
 これが一年ですと、収入が半分に減ったと云って済ますことが出来ますが、京都府福知山市のように、二年も続きますと、農業はどうなるのでしょう。
 
昨年、9月15・16日に、舞鶴や丹後を旅行した私は、大阪へはどの道を選んでも、福知山を通る事は出来ませんでした。由良川に流れ込む川は、溢れて渡る事が出来ませんでした。
 その時に見た光景は、収穫前の稲はすべて倒れ、水に浸かっていました。そのような田に稲刈り機は、入れることは出来なかったと思います。水が引いたら、稲刈りが出来たのでしょうか。
 そんな福知山市に豪雨が降り、今年も、同じ日に、昨年よりひどい浸水だったと思います。 二年も続きますと、来年の為の籾は取れたのでしょうか。

 自然災害とは云え、このように二年も連続しますと、精神的に参ってしまいます。

広島の安佐地区のような災害には、政府もコメントをしていましたが、経済的な援助はしたのでしょうか。
 福知山のような例ですと、新聞にも報道されません。これほど、全国的に、災害が続いているのに、政府はどうして、対策なり、援助をしないのでしょうか。

 今回の台風18号、関東直撃…横浜・静岡は、気象庁とNHKは事前に知っていたのではないかと根拠らしきものを上げないで書きました。
 もう一人知っていた人がいたことを書きました。
 それは、『週刊女性』の編集者です。

 このように表に出る人は、行動のおかしさから、事前に豪雨が来るのを知っていたのではと推理しています。

 今日は、政府も知っていたのではないかと書くつもりになっています。

 その根拠は、先に書きましたように、一切コメントもしないし、福島、広島、福知山等に、是程、災害が起こっているのに、何一つしていません。
 特に、福島は、なぜかお金を出すと云いながら、出しません。 出さないと、放射能の除染も出来ません。
 出さないどころか、「お金の問題でしょう」と発言して謝った議員が居られました。
 なぜ、放射能の除染が進まないのでしょう。

 本当は、除染をしても追いつかないのではないでしょうか。できたとしても、又、放射のが漏れるのではないでしょうか。
 どうして、こんないい加減な考えを書くのかと云いますと、政府がはっきりとした考えを述べないからです。

 このように、なにも発信しない人も、私はあやしいと考えることにしています。

 一番良い例は、慰安婦のことを、あまり報道しないメディアもあやしいと考えることにしています。

ここ三年以上になるでしょうか。 みなさんは、日本は、毎年、台風がくるのは当たり前。地震が、毎日、日本のどこかで起こるのは、当たり前と考えるようになっていますが、私は今、74歳です。
 このようなことを考えて生きて来た記憶がありません。勿論、台風も地震もあったでしょうが、避難をしなければならない程の地震や台風、豪雨は一度もありませんでした。
 
 メディアが、地震、雷雨、竜巻、台風、豪雨が来る、それもこれまで経験したことの無い災害になると報道されて、それが当たり前のように、頭に叩き込まれたのだと思います。


 一度、74歳以上の方に聞いてください。
 
このように考えますと、ここ三年ではなくて、十年ほど前からではないでしょうか。

首相でいいますと、小泉首相辺りから、災害が多いのではないでしょうか。
いや、もっと前からかも知れません。

 雨の降り方を調べるだけで、出るかも知れません。

私は仮に、どこかの国が、日本を滅ぼす為に、このようなことをしているのであれば、仕方が無いですね。全員死ぬしかありません。

ところが、今朝、嫌な宣伝を見てしまいました。
日本経済新聞の「広島の安佐地区の土石流の災害は、防げたのでは・・・」というようなタイトルでした。
 興味がありましたので、少し読んで見ましたら、あのように豪雨が起こるのは、地球温暖化の所為であることは確かであると書いてありました。 読み進みますと、いろいろ面白いことが書いてあったのですが、何が気に入らなかったかと云いますと、次のページに進みましたら、これから先は、お金を払ってくださいと書いてありました。

 おかしいですね。地球温暖化の所為で有ることが、正しいのであれば、日本だけが豪雨、雷、大雪、地震、噴火がおこるのではなくて、世界中で起こる筈です。

気が短い私は、直ぐに消去しました。

 しかし、今になって、その続きはお金をだして読めば良かったなと思いました。
僅かのヒント出、自分だけが助かるヒントが書いてあったのかもしれません。

「広島の安佐地区の土石流の災害は、防げたのでは・・・」の方法が判って居れば、防ぎたいですね。
 
しかし、良く考えますと、方法が書いてあれば、ケシカランですよね。
 そのような方法があることを知っていた人だけが助かるのは、ケシカランでしょう。

前回と今回に亘って、誰が知っていたかをなぜ書いているかの理由でもあります。
「ケシカラン」「ケシカラン」「ケシカラン」。


気象庁とNHK、『週刊女性』の編集者、政府。ここに、日本経済新聞が加わったことになります。

 しかし、このように、誰かを犯人にしても、災害から逃れることは出来ません。

 こうなりますと、誰の頼りにもならないで、自分で、解決の道を考え、実行するしかありません。
「ケシカラン」度は下がりますが、災害をネタに、お金儲けをする人がいます。

次のようなテレビ番組がありました。

 昨日、テレビで、神戸の六甲山の麓が、広島の安佐地区の花崗岩と同じで、ボロボロであることを手で崩して見せて、六甲山の麓も危ないことを見せていました。
 危ない地域は、ダイダイ色が塗られていました。

 このテレビを見た六甲山の麓の方は、数ヵ月は、気分の悪い事でしょう。ここに住もうかなと思っていた人は、六甲山の麓を買う気にはならないでしょう。
 これは、確かNHKではなかったように思います

 次回から、私達が実行できる対策を考えて見ようと思います。

トラックバック(0) 

これからの日本(445)歴史を知らない日本人(672)どう戦うか(650) [日本の道]

前回は、なぜか、気象庁とNHKの悪口を書きました。証拠らしいものはありませんが、この両者は、どう見ても、台風18号が、関東地区を通過するのも知っていました。それも、凄い大型の台風で有ることを日本に接近しないときから知っていましたから、注意をするように警告していました。
 沖縄を過ぎて、90度、東に向きを変えた途端に、これは日本を縦断すると判断しました。
 しかし、四国に近づいて、5日には近畿を通過する可能性が報道されると、私は大阪には来ないなと思いました。
 なぜ来ないかと思ったかと云いますと、このパターンでは、何時でも、台風の風ではありませんが、台風が来る前に肌で感じる特有の風があるのに、今回はありませんでした。
 さすがに、大型と報じられた通り、近畿地方にも大きな白い雲が、天気図では、覆っていました。しかし、雨は、12時30分頃に、少し降っただけでした。
 
空は、一面、青空は見えませんでしたが、私が寝るまては、風も雨もありませんでした。

 と云うことで、私の予報は当りました。

 長くなりましたが、素人の私が大阪には台風は来ないと思っていたのに、気象庁とNHKは、大型台風は、日本列島を通過すると信じていました。その証拠に、NHKの番組欄は、夕刻まで、すべて、台風関係の番組で、他の番組はありませんでした。

気象庁とNHKが、信じていましたから、航空会社や鉄道会社は、全て運航は自粛しました。

 しかし、気象庁の警告通り、土砂崩れは多く発生したようです。
台風18号、関東直撃…横浜・静岡で土砂崩れ
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20141006-OYT1T50030.html
 
 これは台風の所為と云うより、豪雨の所為云っても良いと思います

御岳山の噴火は、台風の所為で、救助活動は中止となり、報道は殆どされませんでした。


私のように最近の災害は、電磁波による人為的なものだという報道は、 気象庁とNHKだけではなくて、新聞などのメディアでは一切ありません。

 私は週刊誌を買ったことはありませんが、広告を見ていますと、週刊誌は、新聞やテレビと同じことを報道していたのでは、売れませんから、過激な記事が多いように思われます。

そこで、「週刊誌 次の噴火」をキーワードで検索しました。
 
 予想どおり、一誌だけが、次の噴火する山の記事を特集していました。

週刊女性 2014/10/21日号(2014/10/7 発売) 富士山だけじゃない! 次に噴火するのは日光白根山か男体山
http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=37832
 
 タイトルから推察しますと、この人達は、気象庁とNHKのように、確かな情報を持っているから、このタイトルになったのでしょう。

噴火だけで、ご自分で、検索して調べられますと、一番に富士山の名前が出て来る筈です。

台風は、四国、和歌山、愛知を避けて、静岡から、東京、千葉を通ったと云うことは、若し、電磁波で、コントロールされたとしますと、電磁波と、それにともなる微弱な地震が観察されたのではと推察します。そのデーターは、気象庁のみが持っているものです。

台風18号の発生が報じられて以降、全ての報道記事を並べてみますと、必然的に、静岡、東京、千葉を通過した理由が浮かびあがるかも知れません。

前回、最後に、「でも、仮に誰かが台風を操作しているとしたら、どうして、大阪は避けて、静岡、東京、千葉を選んだのか、理由がしりたいですね」と書いてのは、このような事からです。

もし、次の噴火が、日光白根山か男体山
で起これば、其の後は、
『週刊女性』が一躍売れることになると思います。 試しに、買って読んで見られますか。


トラックバック(0) 

これからの日本(443)歴史を知らない日本人(670)どう戦うか(648) [日本の道]

気象庁は、御嶽山噴火を予知することは不可能だったと、当初から述べています。それどころか、二回目の噴火を予知することは一層困難であるとの報道がありました。
 
<御嶽山>至難の再噴火予測「最初以上に難しい」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00000125-mai-soci
・・・・・桜島(鹿児島県)を観測する京都大火山活動研究センター長の井口正人教授(火山物理学)は「一度噴火が起きた火山で次の噴火を予測するのは、最初の時以上に難しい」と話す。・・・・。

かと思うと、同じ記事の中に、
 産業技術総合研究所の山元孝広・総括研究主幹は、「今後、マグマが上昇して噴火する前触れ現象である可能性もある」と指摘する。
と断定らしき事が書いてあります。

 東京大地震研究所は、火山灰の成分の変化を分析する予定だが、27日のような水蒸気爆発の予知は難しい。
 
火山灰の成分を検査したら、御嶽山噴火の今後の予想は出来るのでしょうか。

古いですが、
大地震は予知できるか
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/opinion/jihyo5.html
は、役立つお話です。

真か不思議なのは、火山噴火予知連絡会の存在です。
このメンバーは、きっと、現在の気象庁の人達の大先輩なのでしょう。この人達の顔を窺いながら、予知を考えているために、云いたい事も云えないことになります。
 火山噴火予知連絡会に加えることに、上記のお三方が好きなことを云っておられます。

次のブログは、適当かどうか難しい所ですが、素人の目から見ますと、納得出来る部分はあるように思われます。

「我々のレベルそんなもの」…“看板倒れ”噴火予知連の素性
2014年9月30日(火)15時51分配信 日刊ゲンダイ
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/gendai-20140930-221656/1.htm


それはそうと、御嶽山噴火の原因は、「異常な豪雨」の所為とする推理は、如何でしたか。

 これは、一番説得力のある理屈と自分では褒めていますが、自然現象の部分が、大部分ですから、立証は出来ません。

しかし、立証が出来なくても、豪雨から、1ヶ月も経ってからの噴火となりますと、今後、観測が大切になります。

全国の活火山のすべてに、雨量計の設置は、必要だと思います。出来ないのであれば、豪雨と噴火は関係ありそうなので、雨量計の設置しますと報道するだけで良いと思います。

 これが完成しますと、電磁波で、豪雨を起こすことはできなくなると思います。

そうしませんと、火山の噴火の予知は、地震では出来ないのですから、「地震+豪雨」が観測出来た時は、すべて、噴火の可能性があるとして、全国的に、天気予報と同様に、「登山の禁止」を伝える必要があります。
 
 それと、周りの五月蠅い人達をだまらせて、気象庁に専念して貰うしかないと思います。


参考になるかどうか判りませんが、私の為の参考資料です。

阪神.淡路大震災を体験して、今後の地震についての考察
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/book/14-145/eqb26_153.html
下にスクロールしますと、

関連地震の記録(阪神.淡路大震災発生の前触れ地震と警告について)


歴史を知らない日本人(165) 如何にして戦うか(110) 建国(35) 国破れる(5) [尖閣諸島と歴史] [編集]
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2013-03-24

その瞬間 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/book/8-74/html/pdf/66-67.pdf

兵庫県猪名川町の群発地震に付いて
http://cais.gsi.go.jp/KAIHOU/report/kaihou53/06-07.pdf

トラックバック(0) 

これからの日本(442)歴史を知らない日本人(669)どう戦うか(647) [日本の道]

 読売新聞で、次の報道がありました。
「予知失敗」記事も…御嶽山噴火、各国で報道
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140929-OYT1T50056.html
 【ソウル=中川孝之、ローマ=青木佐知子】世界の主要メディアは連日、御嶽山噴火のニュースを大きく伝えている。
 救助活動の様子を詳報するとともに、噴火を予知できなかった点に焦点をあてる記事も目立った。
 韓国の有力紙、朝鮮日報は29日、「噴火予知に失敗」との見出しで、1ページの特集記事を組んだ。同紙は、日本が「世界最高水準の噴火予知技術力を備えている」と評価した上で、気象庁が9月11日に85回の地震を観測したが、噴火を予知できなかったことから、「今回は完全な失敗だった」と指摘した。御嶽山の噴火によって、日本では富士山も噴火するのではとの不安感が、「急速に大きくなっている」と報じた。
 東亜日報は29日、長野県入りした東京特派員のルポ記事を掲載した。避難所で登山者にも取材し、降りしきる火山灰で息ができず、「地獄のようだった」との生々しい声を伝えた。
 中国の新聞では、29日付の中国青年報が、今回の噴火によって、原子力発電の安全への懸念が高まり、原発再稼働に反対する世論が強まるのは必至との分析を伝えた。その上で、年明けにも原発の再稼働を予定している安倍政権に「不利」になる可能性があると指摘した。

 この報道で、あれっと思ったのは、
各国で報道  ローマ=青木佐知子 と有るのに、ローマの記事はありません。各国とありますが、韓国と中国だけです。

韓国は、「今回は完全な失敗だった」と指摘した。御嶽山の噴火によって、日本では富士山も噴火するのではとの不安感が、「急速に大きくなっている」と報じた。
中国は、「今回の噴火によって、原子力発電の安全への懸念が高まり、原発再稼働に反対する世論が強まるのは必至との分析を伝えた」

この記事は、日本で多くの方が無くなって、現在、縣命の救助がされているのに、どうでもいい話題を国民に提供して、両国の国民は、喜んだことでしょう。

[東北沖地震 天罰 韓国]をキーワードにして検索しますと、どれほど、韓国の多くの人が喜んだかを知る事が出来ます。

【韓国】台風で日本人が全員死ねばいい」東日本大震災は植民地時代の天罰」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14117864379

読売新聞の人は、どのような気持ちで、これを記事にされたのでしょう。
韓国の記事は、日本の技術を馬鹿にしただけのことですが、中国の記事は、おかしいなと思いました

「原子力発電の安全への懸念が高まり、原発再稼働に反対する世論が強まるのは必至との分析を」

どのように分析したのでしょう。

80歳台のお母さんが、50歳台の息子の死を悲しんで、
 「かわいい子だったのですよ。・・・・・・かわいいこだのですよ」。コメントされたインタビューには、涙が出ました。 可愛い子と書かないで、記者は ひらがなで書きました。
「・・・・・・」は忘れましたが、お母さんは、「かわいい子だったのですよ」としか、喋る事が出来なかったのです。

商売とは云え、このような状態の時に、次々と記者は、マイクを向けたようです。
次の方は、「・・・・・優しい子でした。・・・・・」 2~3行のコメントばかりを、これでもかと記事にしてくれました。
 全部読みました。
 読売新聞は、気象庁がのべただけを記事にしましたが、韓国が報道した様に、「気象庁が9月11日に85回の地震を観測したが、噴火を予知できなかったことから、「今回は完全な失敗だった」と指摘した」  少しぐらいの疑問を書いても良かったと思いました。
 
 でも、韓国が口にすべき事では無いですね。

以上のことは、29日の報道です。

話題は変わります。
地震の起こった27日に、「御岳山 噴火」をキーワードにして、検索をしましたら、
御嶽山の噴火の前兆はわからなかった。川内原発の火山噴火も予知は不可能だ。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/483.html
これは、コメントも含めて、全て読みました。それだけではなくて、リンクを示して有るものは、クリック移動しました。しかし。多くのリンク先は、「カチッ」と音がするだけで、リンク先へは移動出来ませんでした。
 そうこうするうちに、コンピューターがハングアップしました。

 これはヤバイと思って、以後、アクセスしていません。
 
中国が指摘した
「今回の噴火によって、原子力発電の安全への懸念が高まり、原発再稼働に反対する世論が強まるのは必至との分析を伝えた」

の「原発再稼働に反対する世論が強まるのは必至」 は、このブログ以外は有りませんでした。
ということは、日本人は、原子力発電所のことなど考えもしなかったことになります。

このブログのコメントには、原子力発電のことがいっぱいありました。

このブログは、アクセス数は、3000程ありましたから、大きな影響を与えたと思います。


中国が期待するように、日本の原子力発電所がストップしますと、どうなるかと云いますと、電気料金は、跳ねあがり、各家庭は知れていますが、企業や工場は、継続は無理で、日本経済は、駄目になるでしょう。

 岐阜県 船山   497、
長野県 御嶽山 481.0 
岐阜県 八幡     478
岐阜県 関市板取  489
 これほどの豪雨は、広島も同じですが、人為的に起こされた豪雨と考えるしかないと思います。
 
これを主張しますと、もっと、ひどい豪雨と地震が起こると思われます。

 おかしいことですが、今回の御嶽山の件に関して、政府は一切、声明を出していません。
 
慰安婦の件は、はじめて、世界に向けて、発信をしていきますと、声明を出しました。

どうして、朝日新聞にたいして、世界にお詫びの発信するように命令しないのでしょうか。

すれば、豪雨と地震が起こるのではないかと思います。
勿論、桜島は、今よりもっと、噴火すると思います。

気象庁は、日本列島は、本格的に、火山の活動期にはいったと思われますという発表することになると思います。(だから、何時爆発がおこっても不思議でないから、ここ2日は救助活動が慎重に行われています)

この冬は、豪雪地帯が増えると思います。 これは、地球の温暖化が原因だと思われますとの発表になると思われます。

 そうしますと、日本は、石炭、石油の使用を減らすように世界から云われることになると思います。

 台風18号は、大型台風になりますから、注意するように報道されました。 これは、本当に、上陸するのでしょうか。
 
 この報道は、正確なのでしょうか。 


トラックバック(0) 

これからの日本(441)歴史を知らない日本人(668)どう戦うか(646) [日本の道]

御嶽山には、7月から9月27日までの間に、雨が多かったのではないかと考えて調べて見ました。
 次は、メディアの記事です。
東海地方大雨 岐阜・下呂市で避難勧告
< 2011年8月23日 17:39 >
http://www.news24.jp/articles/2011/08/23/07189113.html
 東海地方は、22日深夜から23日朝にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、岐阜・下呂市では23日午後4時半現在、5332世帯に避難勧告が出されている。
東海地方で大雨 岐阜、愛知で床上浸水被害
< 2011年8月23日 12:34 >
http://www.news24.jp/articles/2011/08/23/07189113.html

以下は、資料です。

本当は7月が欲しかったのですが、見付かりませんでした。


①8月15日~9月1日までの大雨による被害
http://www.bousai.go.jp/updates/h26ooame/pdf/h26ooame11.pdf

岐阜県 船山   497、
長野県 御嶽山 481.0 

  全国で、4番目に降雨量が多かった地域。

岐阜県 八幡     478
岐阜県 関市板取  489

②高山市避難勧告 約9000世帯2万2000人に避難勧告
http://matome.naver.jp/odai/2140825696746716601

③平成26年台風第8号に伴う大雨災害に関する情報
http://www.pref.nagano.lg.jp/bosai/kurashi/shobo/saigai/2607rain.html

 今年は、天候が不順と思っておられる方は、多いと思います。それは、メダィアや気象庁が、命だけは助かる世に避難してくださいと、何回も報道下からと思います。

 しかし、そのような豪雨に合われた方は、僅かだったと思います。皆さんに一番印象が残ったのは、広島の安佐地区の豪雨です。
 あたしの住んでいるところは、今年は三回豪雨にやられました。
 生まれて初めて、雨漏りを経験し、修理を依頼しましたが、だまされて、160万円の出費になりました。
 2回目の時は、一時間に、120ミリも降りました。2時間も降ったでしょうか。

あちこちで、一年間、豪雨が続きましたが、一時間に、120ミリは、それ程報道されなかったと思います。一度、経験されますと、御嶽山の雨量がどれだけ多いか、納得出来ると思います。
①の
岐阜県 船山   497、
長野県 御嶽山 481.0 
 
と比べてください。

 広島も我が家も同様です。 なにが共通化といいますと、降った地域が限局していることです。 
 
長野県 御嶽山 481.0の数字は、8月15日~9月1日までの大雨による被害 ですが、
御嶽山と書いてあるところを見れば、この雨は、全て、御嶽山にしみ込んだのではないでしょうか。
 
その大量の水分が、水蒸気爆発の原因ではないでしょうか。

nice!(0)  トラックバック(0) 

これからの日本(440)歴史を知らない日本人(667)どう戦うか(645) [日本の道]

 <御嶽山>至難の再噴火予測「最初以上に難しい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00000125-mai-soci

素人の悲しさですね。このタイトルの意味が判りません。
 私が考えますと、
 初めは、専門家は、噴火することは全く知らなかったのですから、予測どころではありません。
噴火した今となりますと、実際に逃げて助かった人からの証言は、大切ですから、次第にいろいろの事が判ってきます。
 それに加えて、設置されていた地震計は、古くて作動していなかったことが判ったそうです。
それは今更仕方の無いことですから、許されるとしても、作動していた地震計が、各設置場所でどのような測定をしていたのか、発表すべきだと思います。その上で、新しい地震計を設置して、次なる噴火の予測に備えるべきです。

 なのに、タイトルの「最初以上に難しい」の意味が判りません。これを云った人は、専門家を辞退して欲しいですね

 その他に、どのような事が判ったかと云いますと、紹介しましたブログに、次の様な事が書いてありました。

①桜島(鹿児島県)を観測する京都大火山活動研究センター長の井口正人教授(火山物理学)は「一度噴火が起きた火山で次の噴火を予測するのは、最初の時以上に難しい」

②産業技術総合研究所の山元孝広・総括研究主幹は、「今後、マグマが上昇して噴火する前触れ現象である可能性もある」と指摘する。

 この二つの文章だけで、専門家は、今回の噴火が、どのようなものであかは全く解っておられない事が判ります。

②の場合ですと、この方は、マグマが上昇すると思える証拠を見付けられたことになります。証拠も述べないで、「マグマが上昇して噴火する前触れ現象である可能性もある」と述べた以上、溶岩が、次回には、流れ出します。 麓の町の方は、その準備は、直ぐに始める必要があると思います。

 その可能性があると報道したのが、産経ニュースです。
水蒸気爆発発生か 「影響数カ月続く可能性も」「火砕流」発生した可能性が高い
http://www.sankei.com/affairs/news/140927/afr1409270049-n1.html
 
 産経は、朝日の問題でもそうでしたが、朝日新聞をやっつける時には、相手をやっつけるための資料を詳しく蓄積していました。

今回も、そのような知識があったから、[「火砕流」発生した可能性が高い]をどこからか、引き出したと思えます。

多くのメディアは、今回の噴火は、水蒸気爆発 と記しました。
次の記事も、このようなことを念頭に読んでください。
噴火は水蒸気爆発、火砕流も発生 予知連「予測は難しい」
http://www.sankei.com/affairs/news/140928/afr1409280044-n2.html

------ 予知連は「火砕流が南西に3キロ以上流下し、噴煙は東に流れて、高度は火口上約7キロと推定される」と説明。上空からの調査では、噴火は剣ケ峰山頂の南西側の火口列から発生したとみられ、大きな噴石が火口列から1キロの範囲に飛散しているのが確認された。火砕流は発生したものの、樹木などが焦げたような痕跡は認められなかったという・・・・

随分、新聞を読んだり、テレビを見ていましたが、 今日(10月1日) 上の記事を始めて見ました。

現在は、白い煙のようなものが、高く上がっている映像が見られます。
あれは、山の中にあった水分が、マグマに温められて、噴出しているのでしょうか。

水分が無くなれば、蒸発する水分は無くなりますから、噴煙は、収まる筈です。
地震が続く限りは、マグマが、上昇している可能性が有ると云うことになります。

そうなりますと、地震は、やはり、今回の噴火と関係あったとみなければと思いますが、気象庁は、関係無いと発表されています。

と云いながら、昨日は、地震が起こっていて、火山活動が活発になっているからと云って、救助活動は一日、中止されました。
 となりますと、 やはり、噴火と地震は関係有ることになります。

②産業技術総合研究所の山元孝広・総括研究主幹は、「今後、マグマが上昇して噴火する前触れ現象である可能性もある」と指摘する。

 このコメントもおかしいですね。マグマが上昇して噴火する可能性が有ると云うことは、27日に、マグマが少し上昇したのかといいますと、マグマは上昇しなかったという表現になっています。
マグマが上昇しないのに、「火砕流が南西に3キロ以上流下した」事になっています。

「樹木などが焦げたような痕跡は認められなかった」と書いてあるところを見ると、流れた土砂はマグマではなかったことになります。

 なんだか、素人には判らない事だらけです。

ところで、今、噴き上げている水は、どこからやって来たのでしょうか。 調べて見ましたので、次回に書いてみます。

nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます